新日本海フェリーの空席を自動照会 その7

これで最後です

perlスクリプトは動かせばずっと新日本海フェリーのページをチェックし続ける訳ではありません
新日本海フェリーの空席案内ページが更新されるタイミングで起動してあげなければなりません

そのためにインストールしたのが pycron です
スクリプトを起動する時刻を設定する必要があります

スタート→全てのプログラム→pycron→crontab.txt Editor を起動してください
画面が開いたらメニューの Item → New を選んでください
設定画面が開きます。以下の様に設定してください

画像


設定したら メニューの File → Save で保存すれば作業は全て完了です

なお、perlスクリプトが起動されるたびに、スクリプトと同じディレクトリの chk_snf.logに
ファイルが処理された履歴が残ります
自動起動が成功していれば、このファイルの中身が更新され続けます
自動チェックを開始した直後はこのファイルをチェックして、自動起動が動いているか確認して下さい

"新日本海フェリーの空席を自動照会 その7" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント