雪道を求めて 2013/02 Day1

秋田県の能代市より更新しています
RX-8で冬の大間岬にアタックしてから何年が経ったのでしょう
4WDのCX-5を手に入れて悪い病気が再発
冬の東北、雪道を求めた旅に出てしまいました

画像


初日、冬の男鹿半島、入道岬を目指して出発しました
今日のプランは男鹿半島を目指して進めるだけ進む
秋田市に正午までに着けたら、状況次第では入道岬にアタック、でした


起床予定はAM3:00。AM4:00までに一宮御坂から高速に乗り
深夜割引で半額で東北まで移動するつもりでした


目が覚めたのはAM3:00少し前
ふと、東北の高速道路の情報を調べるつもりでノートPCを立ち上げて
Jaticにアクセスしてみると...

一宮御坂から大月までが通行止め
今日から中央道上り線が復旧すると思っていたのですが勘違い
復旧は今日の夕方でそれまでは工事のため通行止めでした

深夜割引を使うためにはAM4:00までに
大月から高速に乗らなければなりません(^^;)


あわてて身支度を整えて、前日にパッキングしていた荷物を
CX-5に放り込んで出発

...荷物の最終チェックを忘れて肝心の現金を荷物に入れず
出発してしまいました...

途中のコンビニATMで下ろせた訳ですが幸先が不安になるのには
充分でした(^^;)


勝沼-大月間のR20はそこそこのペースで流れていて
無事AM4:00前に大月から中央道に乗れました

圏央道→関越→北関東道→東北道と繋げて
那須SAで一休み&朝食。この辺りから雪が舞い始めました


チェーン規制情報通り、郡山に近づくにつれ雪が積もり始めて
轍以外は雪、という状況になりました

しかも国見IC→村田IC間が事故通行止め
深夜割引の権利を福島で失うのかと泣きそうになりましたが
到達する頃には解除されていました

郡山付近以外ではチェーン規制が出ているものの
路面に雪はなく順調に北上出来ました


仙台を通過して、北上からで秋田道に分岐
分岐したとたん、路面は圧雪に

圧雪は問題無かったのですが、この辺りから強風の影響が出始めました

雪はほとんど無かったのですが強風で道路脇に積もった雪が
吹き飛ばされてホワイトアウトする方が怖かったです


そして横手→大曲間が「吹雪による通行止め」となり
横手ICで高速を下りる事になりました(ToT;)


横手ICで下道に下りたところ、オートバックスを見つけてピットイン

画像


ウオッシャー液を購入。原液をタンクにブチ込みました
ワイパーブレードは冬用に変えてあったのですが
ウオッシャー液が途中で1度凍ってしまい、ココで対策出来ました

曰く「-35℃までOK!」
そこまで気温が下がったらウオッシャー液以外の場所で
問題が起きるんでは? と突っ込みを入れたくなりましたが...(^^;)


大曲から再び秋田道に乗り、秋田市を目指しました

この辺りから空に晴れ間が見え始めました
秋田市に正午に着けなければ今日は秋田市泊、と考えていたのですが
晴れ間が見える空を見て入道岬にアタックしました

画像


14:37、男鹿半島入道岬に到着しました

画像


岬に近づくにつれて車が少なくなっていたのですが
入道岬の駐車場に居るのは自分だけ(^^;)
改めて自分がバカやっているのを自覚しました(^^;;)


なお、岬の直前に撮れた奇跡の一枚

画像


解り難いですが前から走ってきたのは郵便局のカブ
この路面をおそらくスパイクタイヤでかなりのスピードで
すれ違いました(^^;)

その根性とテクニックに驚愕!!


入道崎は強風が吹き荒れていて、唯一開いていたお店でコーヒーを飲んで
早々に出発しました

大館まで行けるかなとも思いましたが
気温が低下して路面が完全に凍結する事を恐れて
能代の宿を予約しました


この判断は結果的に正解でした
能代市内で赤信号での停止直前にABS作動が頻発

気温は1℃位しか下がっていなかったんですけどね

画像


本日の走行ルートです

画像


本日の走行距離。久々の一日で800kmオーバーとなりました
本日の走行距離は858kmでした


明日は青森を目指し、アタック出来るのであれば竜飛岬まで
行ければと思っています


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック