最南端を目指す旅 - おまけ、沖縄への渡り方の考察

だいぶ時間が空いてしまいましたが、このシリーズの最後として
沖縄に自分のバイクを運び、かつ沖縄滞在時間を増やす方法
(山梨近辺から出発の場合)を紹介して
この回を閉めたいと思います


今回の沖縄ツーリング、7泊8日で4日はフェリー船内泊
沖縄観光は実質2日という、何しに行ったんだか良くわからない(^^;)
ツーリングとなりました

沖縄滞在時間を増やそうと調べたところ
いくつか方法が見つかりました
実際には採用しなかったのですから、それなりの欠点
(自分基準で)があります

この私にとっての欠点が許容できるなら以下の手段が採用出来ると思います


その1、鹿児島ー沖縄間はバイクのみフェリーに載せる

フェリーにはバイクだけ載せて自分は飛行機で移動する方法です
これでフェリーで移動する時間を沖縄観光に回せます

自分のバイクに乗っての移動は出来ませんが
那覇付近の観光名所等をあらかじめ周っておき
そこ以外を翌日到着の自分のバイクで周るという方法はアリだと思います

問題はバイクの送料で、貨物扱いになるので約19,000円弱かかります
2等での運賃(バイク含まず)並みです
これに飛行機代+1日分の宿代が必要になります

あと、貨物扱いでフェリーに乗せるのでフェリーターミナルには
通常の乗船時間より早めに到着する必要があります


フェリー内で24時間過ごすなんて退屈すぎる! という方には
お奨めかもしれません。私も復路はこっちにしても良かったかな?
と思っています


その2、バイクは地元から沖縄に貨物として送ってしまう

フェリーの予約が済んだ後に見つけたのですが
沖縄にバイクを貨物として送る業者がたくさんある事に気が付きました

ほとんどは引越し関連でしたが、ツーリングに使えそうな方法が
ひとつありました

「デポ」と呼ばれる地元のバイク関連のお店にバイクを預け
沖縄で「デポ」と呼ばれるバイク屋さんで受け取る方法です

山梨では「2りんかん」がデポの場所でした

代金は山梨からだと片道5万円とちょい
高く感じられますがフェリー2回運賃と高速道路代、ガス代を合わせると
こちらの方が安くなります

休みの前にバイクを預けておいて、沖縄についたら
デポのお店でバイクを受け取る。最終日にバイクをデポに預けて帰宅
バイクが到着したら地元のお店に受け取りに行く
と、バイクの移動時間を休みの期間外に割り当てる事が出来ます

片道だけこの方法を使う手もありますね


沖縄にバイクで行こうという方は少ないと思いますが
参考になれば幸いです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック