848、走り出せず(^^;)

848が帰宅して2週間経ちました。未だ走りだせていません(^^;)

帰宅の翌週、カウルの取り付けを行ったんですが、カウルとカウルを
ねじ止めする箇所(アッパーカウル+サイドカウル、サイド+ボトム)
でははナットがゴム製パーツの内側に埋め込まれて固定されてます
このパーツはボルトを締めすぎると変形しすぎてボルトを締められなる
なるんですね。一部の固定箇所で、このゴム製パーツがすっぽ抜ける、
ボルトを締め込んでも、ナット側も一緒に回ってしまって締め付けられない
という状態になりました

画像


そんな訳で、このパーツだけ単品で入手しました(グロメットという名称に
なっていました)。左から、閉めすぎたグロメット、新品、そのスペア
です

金曜に入手出来たのでこの土日に直そうか...
と考えていましたが、週末を無駄に使ってしまい週末の848整備は
やらずじまいとなってしまいました(^^;)

次の週末は、直して走り出したいですね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

レガ氏
2010年12月14日 23:02
うちの848はすでに冬眠してます
グロメット部分のボルトって締め付けトルクが意外と難しいですよね? 
私だけでしょうか。。。

締めすぎるとすぐ駄目になってしまうし、緩いとドカの振動で抜けてしまうし。。。

2010年12月15日 04:50
あ、やっぱ振動で緩みますか。
今までは締めすぎばっかりで緩んだ事が無い代わりに
グロメットの変形(その度無理矢理復元)で対応していたので
今回は緩めに締めようかと思っていたのですが...

ん~、難しそう(笑)

この記事へのトラックバック