タンクバッグ装着(試行編)

今週はタンクバッグの装着です

848の燃料タンクは樹脂製(タンクカバーが)なので
マグネット式タンクバッグは装着出来ません

こんな時は吸盤式タンクバッグの出番なのですが
流通している物の種類が少なくて気に入った物がない事と
吸盤式に対する不安感があったので
今まで使っていたタンクバッグを取り付けられないか
手持ちの部材で試してみました

画像


まず、Moto Fizzから出ている"フックベルト"を
フレームに取り付けました
SサイズとLサイズを持っていましたがSサイズは短すぎたので
必然的にLサイズを使用

画像


後はベルトで取り付け
ベルトはとりあえず、シートバッグ取り付け用ベルトを使用

フックベルトの位置を調整して、カウルをフレームに取り付けている
前側のボルトの直後辺りに調整すると、いい感じになりました

画像


タンクバッグのフック取り付け位置、フレームに付けたフックベルト
ベルトの取り回しの位置関係はこんな感じになりました

ベルトが長すぎなのと、このままではバッグの取り付け取り外しが面倒です
山屋さんのお店に行くと好みの構造、長さでベルトを作ってもらえるので
そちらで作成して貰う予定

なお、やけに大きいバッグに見えますが縦×横のサイズは
ツーリングマップルを入れて丁度の大きさです

マッチングはそんなに悪くないかな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック