冬の本州最北端を目指して - 2日目

ただ今、むつ市からブログ更新中
無事、大間岬まで行って来れました

まず、昨日の北国をナメた様な発言を深く反省すると共に
昨日の書き込みを一部訂正します

スタッドレスタイヤを履いた車で雪道を走るのが好きなので
 ↓
スタッドレスタイヤを履いた車で圧雪路を走るのが好きなので


本日の走行距離が大体230kmくらい。内100kmくらいが雪道でした
考えてみると、今までの雪道走行の殆どは山道でした
平地、北の雪道ナメてましたね(^^;)
来て良かった、来るんじゃなかったの感想が交互に来た一日になりました

まずは朝一の出発から

画像


下北半島を目指すべく、宿は早めに出発
宿の方が雪かきのため、車の雪を落としてくれたので
車を掘り起こす事無く出発できました

画像


何気に取った出発前の一枚、外気温-7度
これがこの後の布石だったとは...

と、昨日の調子で行けば、ここに走行中の車窓風景が
入りそうな物ですが...そんな余裕なし(^^;)

早出したせいか、青森市に下る道には1台分の轍しかありません
路面は新雪が圧雪されずに積もっていましたが数cmくらいで
特に走行に支障が出る雪ではなかったはずなのですが...

実は数cmの雪の下はツルツルの氷でした
走り始めて5kmくらいの所だったでしょうか、ワイパーが
凍りついたので溶かそうと、見通しの良いところで車を寄せて
車外に出たところ、歩くのも気を抜けないくらいにツルツルでした

後はローとセカンドでビビリまくりで山道を下りてきました
後ろから追いついてくる車がなかったので自分のペースで
走れたのがラッキーでした

雪道で「急」の付く操作は厳禁と言いますが
時間的に急ぐというのも危ないですね

画像


で、30kmを1時間かけて山を下って来たところです
さすがに凍結はしていませんが、路面は雪でびっしり
昨日の黒石IC付近の様に下界では雪は解けてると思ってたので
少々ショック。しかも平らで圧雪路なのにグリップが回復しません

...給油の時にタイヤの空気圧を測ってもらったら2キロとちょっと
空気抜けてました(^^;;;)。反省

さて青森市から野辺地まではR4を淡々と走行
時速40km/hから50km/hくらいのペースでしょうか
地元の方のペースもこれくらい

野辺地からはR279でむつ市を目指す訳ですが
道路標識には緑の四角の中に「下北道」の文字が
無料開放の高規格道路の様でこちらを使ってみました

いや~地元の方、飛ばす飛ばす
こちらの速度も60km/hから70km/hの間くらい出ているのですが
ガンガン抜かれて行きました。もちろん普通のFF小型車で

そして本日のクライマックスが下北道の終点から
むつ市の手前までのR279でした

下北道の終点辺りから路面の雪がなくなり、青空も見えて
ホッと一息つけたと思ったのですが...

事故りたての車と、少し前に事故って路肩に落ちた車と
数日前に事故って放置されたと思われる車の横を
通り続けてすっかり参ってしまいました

直線路でなんでこんな所でという場所ばかりでしたが
とにかく路面状態がコロコロ変わって運転に疲れました(^^;)
凍っていたり、解けていたり、圧雪になったり
フラットだったり、轍になっていたり、デコボコだったり

そしてむつ市付近に近づいたら路面はドライで快晴、不思議

画像


むつ市のオートバックスで冬用ワイパーブレードを購入
青森市で買おうと思っていたのですが朝早かったので
買えなかったもので。効果は絶大でした

この時点で時間は正午すぎ。早出はムダでは無かった模様
大間岬までの往復は約100km。路面に雪も無いので
本日中に行く事にしました

画像


到着です。雪は岬の直前で舞い始めました

画像


本州最北端碑をバックに記念撮影。夏だったら出来ません

画像


残念ながら北海道は見えず
そして撤収。この間わずか5分。何しに来たんだか...

この後は来た道を戻ってむつ市の宿に。ここでドッと疲れが(^^;)
ハードな一日でしたが、来て良かったとの充実間も

ところで旅の2日目にして、既に目的を達成してしまいました
明日からドコに行こうか...(^^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Type-M
2010年01月11日 07:43
すごいドカ雪ですね。
Type-Mがこれまでの生涯に体験した雪の量よりも、RX-8さんがこの二日間で体験したそれの方が多そうですね。

目的そのものは二日目で達成してしまったとのことですが、きっとまだ本州最北端界隈を徘徊するのですよね。ジモティの走行ペースに惑わされず、安全走行を続けてください (^_^)

この記事へのトラックバック