もう1台の旅の相方

私のもう1台の旅の相方は、MAZDA RX-8(STD/MT)、2003年式です
現在7年目に突入、走行距離は約68,000kmで約11,000km/年

大きなトラブルは848の購入を決定した翌日にエンジンがかからず
JAFを呼ぶ羽目になったくらいです

通勤とそれ以外の街乗りが年間6,000kmくらいなので
旅で30,000km走っている計算になります

北海道に3回(往路はフェリー、復路は陸走)
四国経由で九州に1回。東北(冬季含む)は数知れず

前の車では旅はほとんどバイクで出かけていましたが
購入直後の数年はこちらでの旅比率が増えました

さて、なぜこの車を選んだかと言うと
"マニュアル車だから"

もうちょい正確に言うと
"4枚ドアのマニュアル車だから"

が、理由になります。書いてて明らかに変な理由ですが

前の車はNISSAN プリメーラでした
11年目の車検を控えた夏、トラブルで修理見積もりを取ったところ、この修理以外にジェネレータとあと1箇所、ヘタっている所が
見つかり、それを含めて計60万円の見積もりが

11年目の車検と言う事で、タイミングベルトの交換や
車検そのものの費用を加えると80万円くらいの出費が確定
あえなく買い替えの検討となりました

買い替えにあたって、最優先事項はマニュアル車であること
次にあんまり拘りませんがセダンタイプが希望

上記80万円の出費と分かった所で、そのNISSANのディーラーに
マニュアル設定のある車は何がありますか? と尋ねたところ
「GT-Rくらいしかありません」で回答終わり「マニュアル車では
ありませんが、こちらの車は如何でしょうか?」と言った商談の
きっかけも無く、この時点でNISSANが対象から落ちました

次、HONDAのディーラーに行きましたが同じくやる気の無い対応で
商談にもならず

TOYOTAにはアルテッアがあるのは知っていましたが
7年目くらいに買い替えを考えていた時に話を聞きに行って
対応があまり良くなかった事で、ディーラーに行くのは最後と
決めていました

それで、自分でも本命はコレかなと思っていたアテンザを見に
MAZDAのディーラーへ。まず、普通に対応してもらえ、商談開始

ただ当時のアテンザは、ワゴンタイプではマニュアル設定車が
豊富だったのですが、セダンタイプでは23Zしか
希望に合うタイプがありませんでした

しかし、フロントグリルのデザインがあまり気に入りません
ワゴンタイプとは微妙な差なのですが...

そんな時、隣に展示されていたのがRX-8
23ZのList Price 238万円に対して240万円(共に外税)
意外な事に(知らなかっただけですが)価格差ほぼ無し

4枚ドアだし(^^;)

あまり気に入らなかった23Zに対して、一目見て気に入ったRX-8
当然、乗れるのか?という理性は働きました

11年FF車に乗った身で、FRに感覚を合わせる事が出来るか、とか
スキーに良く行っていた時期なので、雪道ではどうか、とか

その後いろいろ葛藤はあったのですが
結局気に入ってしまったので購入決定

848の時と同様、知ってから決定までやけに短かった事は
確かです
今考えれば、ここで選ばなければば次の機会にこの選択は
無いだろう的な、848と同様な発想もあった気が(^^;)

心配した駆動方式の違い(主にスリップ、ロックした時の挙動)とか
雪道走行もなんとかアジャストする事に成功

長距離を走っても疲れる事が無かったので、購入当時は
初日に高速道路を使って一気に遠くまで行くという
FireStormの時と同じ遠出をする事が増えました

それに雪道はプリメーラの時より面白く、冬の降雪地帯に
好き好んで出かける事も

振り返ってみると、FireStormでの沖縄を除く全国走破までは
行きませんが、走った事の無い県は
本州:茨城、千葉、三重、和歌山、奈良
四国:香川、徳島、高知
九州:佐賀、長崎、宮崎、鹿児島
沖縄:沖縄

33都道府県を走ってました


冬季専用にするつもりは無いのですが、848を買っちゃったので
当分、旅のメインはこっちに譲ってね

これからもよろしく

画像


2007年GW、北海道野付半島にて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック